雑ブログ

雑に書きます

鍋たち

今週のお題「新生活おすすめグッズ」

雑なブログのくせに、なんか売ろうというのだから、
われながら大変ずうずうしい限りである。

スマホとかは持ってるだろうから、やっぱり生活用具だろうか。
新生活だからこそ、食生活はきちんとしたい。
食は基本だからね。

というわけで、じゃーん、鉄の中華鍋と、圧力鍋。

忙しい新生活でも、圧力鍋なら10分でご飯が炊けるし
中華鍋なら深さがあるので、煮物もカレーもパスタも、もちろんチャーハンもこなす。
100円ショップの蒸しプレートをおいて、ふたをすれば蒸し器にもなる。

鉄鍋

山田工業所 鉄製 打出片手中華鍋 30cm (板厚1.2mm)

山田工業所 鉄製 打出片手中華鍋 30cm (板厚1.2mm)

 

 大きいのがオススメだけど、大きすぎると重くてたいへん。
30センチなら一人暮らしにも、二人暮らしにもぴったりだ。
育つのに少々かかるが、育てば永遠に焦げない。

蒸しプレートは、100円ショップでも小さいのが売ってる。
ふたとともに、フライパンにあったサイズを選ぶこと。
この上に皿をのせて、野菜でも豆腐でも肉でもいっぺんに蒸すが良い。

ふたはいろんなサイズで使えるものを。
一人暮らしで不足しがちな野菜は、サラダより、蒸してオリーブオイルと塩と胡椒をかければ、りっぱに幸せな一品になる。
昨日の冷えたご飯と生野菜、ホイルに塩胡椒した白身魚を包んで一緒に蒸せば、バランスの良い夕食だ。ご飯のあたためなおしも、ラップいらずで電子レンジのかわりになる。時間は少々かかるけど。

深さがある中華鍋はいろいろとマルチ調理器具として完璧なのだけれど、惜しいのは底が平らではないところだ。底が平らなフライパンなら、トーストが焼ける。

無水鍋 24cm

無水鍋 24cm

 

無水鍋は蓋をフライパンとして使えるのでトーストに良い。
この蓋は案外、すき焼きとかパエリア用にナイスフィット。
蒸しプレートを併用すると蒸し器にもオーブンにもなり、ピザもパンもしっかり焼ける。
ただ、アルミなせいか、油馴染みがいまいち良くないのがネック。
餃子は焦げる。残念。

いや、無水鍋の肝心かなめ、無水調理のことをを忘れていた。
無水調理は要するに蒸し料理に近い調理法なので、蓋がしっかりしまればじつは無水鍋じゃなくてもいいのだ。

たとえば、ストウブなんかも同じようなことができる。
煮物・煮込み系が驚異的においしく仕上がり、無水調理もできるストウブは一生物の鍋だ。
うちの無水調理はもっぱらこちらで。もちろんオーブンがわりにもなる。

圧力鍋

言っておくけど、圧力鍋は値段なりだ。
安いのは2000円代からあるけど、たいした圧力が出ないし、すぐ壊れるから買うべきではない。
基本的に圧力鍋は、高ければ高いほど、高圧が出る(=調理時間が短い)と考えればいい。
圧力鍋の最高峰フィスラーなら、無音で高圧が長期間安定している。
ステンレスも厚いので、安全。

プレミアムなら、玄米が加圧時間10分でもちもちになる。
玄米を食べる我が家では、ほぼ毎日使って10年、修理は一度だけだが、ぴかぴかに戻った。
炊飯器を買うお金は、フィスラーに投資すべし。

 

なるべく物を買わないのが、長いこと習い性になっている。

いつ、どこにでも旅立てるように。